初心者でもわかる車の修理の裏技の紹介

車の修理について裏技をわかりやすく解説します

Home » 車を修理する時のサービスと傾向の紹介

車を修理する時のサービスと傾向の紹介

日々の通勤や通学、買い物やレジャーなど、非常に多くの用途に使用される自家用車ですが、使っている内に様々なトラブルや不具合に見舞われてしまうものです。特にボディやバンパーといった外装部分は、壁にぶつけたりこすってしまったり、あるいは飛び石などが当たって凹みや傷がつきやすい部分でもあります。こうした傷や凹みは、小さいものでも目立ちますし、なによりオーナーにとっては非常に気になってしまうものです。傷や凹みをそのままにしておいても、状態が良くなるわけではありませんし、できるだけ早く直しておくのがおすすめです。こうした修理を行なうにあたり、ディーラーや板金業者にお願いする他、自力で直すという方法もあります。どちらもメリットやデメリットがあるので、それらを踏まえた上で自分に合ったものを選ぶことが大切です。

自力では直せない損傷はプロに任せよう

自分で傷や凹みを直してしまえば、費用を安く済ませることができますが、比較的小さい傷や軽度な不具合に限られます。大きな傷なども直せないことはありませんが、決して簡単なことではありませんし、直せたとしても仕上がりが綺麗にいかない事もあります。自分では対処が難しいと感じたら、やはりプロに任せるのが安心です。最も利用しやすいのが、車を購入したディーラーにお願いすることですが、ディーラーはほとんどの場合作業を下請けの業者に依頼するため、余計な費用がかかってしまいます。また、パーツの交換が必要な時は、純正部品を使うので安心ではありますが、その分割高になってしまいます。特に小さな損傷の場合にパーツ交換をされてしまうと、思った以上に高額な費用がかかってしまうこともあります。

自社工場を持っている修理業者を利用する

板金を専門にする業者は、多くの場合自社工場で作業を行なうので余計な中間マージンがかからず、費用を抑えることができます。また、パーツ交換が必要な時も、予算に合わせて中古品を探してもらうなど、柔軟性のある対応をしてもらえるのが大きな利点です。業者によっては代車や引取のサービスを行っているところもあるので、事前にサービスの内容を調べておくと安心です。しかし、こうした専門業者は、業者によって価格が大きく違うこともありますし、仕上がりのクオリティに差がある場合もあります。サービスの質が悪い所を選んでしまうと、満足のいかない仕上がりになってしまうという可能性もあります。業者を選ぶ時には、インターネットの口コミサイトやランキングサイトなどを参考にして、実際に利用した人の評判を確認してみるのも良いでしょう。